コンセプト



Healing Art(ヒーリングアート)
…意味は「人の心を和ませ治癒に助力するような絵画や音楽」

“二本のギターで織り成すギターバラード”をコンセプトに、
アコースティックギターによるバラードを主体としたPOPフィールのギターミュージック。
人の心を和ませられるような心情・情景の見えるハートフルサウンド…

アコースティックギターの木の鳴り、弦の響き、
その音色は楽器やギターを弾かない人までをも、癒やし、ドキッとさせる事が出来ます。

自然の風景や人の心情を描いたHealingArtのオリジナル曲。
綺麗なメロディ、豊かなハーモニーを、二本のアコースティックギターのみで演奏します。

アコースティックギターの響きを活かした音楽活動で、
聴く人の元気や安らぎや癒やしになれれば、という思いで結成致しました。

聴いている人が優しく、切なく、温かい気持ちになるような、
ギターサウンドを目指して活動致します。


HealingArt
倉前太郎・矢崎数馬




〜ご挨拶〜



私の友人に病と闘う方がいました。
その友人に私の制作したアコースティックギターのデモCDを聴いていただいた時に、
「癒しの風」「心地良い風(音)が身体を通り抜けて行くような感じがした」と言うお言葉を頂きました。

その時自分の音楽が、ギターが、聴く人にとって気持ちが和めるものとなり、
現代社会を生きる人達や心や身体の病と闘う方々にとっても音楽が少しでも元気や癒やしに繋がれば、
役に立てればという思いに駆られ、自分が音楽を演奏する意味を教えてもらいました。

その友人は新しい作品を心待ちにしていてくださいました。
過去から現在、今までの作品を聴いて毎回いただく言葉の一つ一つが私の中で音楽をやる意味や
ブレる事のない信念となりHealingArtの原点となりました。

そしてHealingArtの音楽を述べ何十人の友人・知人・そのご家族の方々に聴いていただきまして、

「温かい音色」
「優しくも力強い音色」

その他に、

「仕事で疲れた時に聴いて元気になる」
「風邪を弾いた時に聴くと良い」
「寝る前の愛聴版」

等というお言葉をいただきまして、アコースティックギターの力の大きさを知りました。

そして私は北海道出身です。

アコースティックギターの木の鳴り、鉄の弦の響き、
その音色は森の風景や満点の星空、爽快な青空、雪景色、等々…
幼少の頃から見てきた様々な情景や心情と重なります。

私がライフワークとしてギターを演奏・創作して行く音楽はこれなんだなぁと感じ、
HealingArtと言うコンセプトを見い出しました。

そしてこのコンセプトに共感していただき2009年5月、パートナーの矢崎数馬氏に出逢いギターデュオ「HealingArt」を結成。

現在ではArt of Musicを設立し、アコースティックギターコンサートを展開。
「癒しを越えて涙が出てくる演奏」と言われるようになりました。

私達のギターが少しでも音楽を通して人の幸せの手助けが出来ればという思いで活動しております。
HealingArtの音楽が聴く方々の思い出や心情に重なり、心の琴線に触れ、
感動していただけるようなギターデュオ・サウンドを目指しております。


Art of Music
ギターデュオHealingArt
倉前太郎