●アコースティック・ギターの美しさ



「ギターの魅力とは何ですか?」

ギターデュオHealingArtでのメディア出演や取材のインタビューでよく聞かれますお言葉です。

私は「ギターの魅力は“美しさ”です」と答えます。
「音色」「造形」「奏でる姿」「人生」…
この4つの美しさがあります。


「音色の美しさ」
アコースティック・ギターの音色は
奏でる人も気持ちよく、聴く人も気持ちよくなれる楽器です。

アコースティック・ギターの木の鳴り、弦の響き、
その音色は楽器やギターを弾かない人までをも、癒やし、ドキッとさせる事が出来ます。
私自身が、リハーサルやレッスンの際に、そのアンサンブルでの弦の響きと、
DUOパートナーや生徒さんの音色に、また試奏で様々なギターに触れる度に、
「やっぱりギターだよなあ」と、
アコースティック・ギターの響きに飽きることなく心が癒されています。


「造形の美しさ」
ギターは工芸品のような美しさがあります。
アコースティック・ギターは木で作られています温もりのある楽器です。
部屋やレッスン室、舞台にてふと目に映る、
スタンドに立っているギター…
ケースを開けた時のギター…
木の色合いと光輝く六弦…
そのカッコよいルックスには
惚れ惚れするような美しさがあります。


「奏でる姿の美しさ」
ギターを極める奏者の演奏は、
構えた姿、左右の指さばきは美しく、しなやかで美しい。
お客さまへ、魅せる事も聴かせる事も出来るとてもカッコイイ楽器です。


「人生を通して極めていく美しさ」
ギターは奏法も理論も奥深く、人生を通して極めていく美しさがあります。
メロディ・伴奏・ソロメイキング・ソロギター・ハーモニー…
その演奏法は組み合わせ次第で無限の響きがあります。
私自身、毎日の練習・勉強・研究、日々課題と向き合っています。
生涯かけて取り組む事が出来る一生モノの楽器です。


このアコースティック・ギターの美しさと素晴らしさを、
演奏や教授活動にて、私は伝えて行きたいと思います。



ギターアカデミーAcoustic Work
倉前太郎